「リサイクル」カテゴリーの一覧

ABパックも回収してます!

2017年5月17日(水曜日)

『ABパック』をご存知ですか?

『ABパック』とは、内側がアルミコーティングされていて光を通さないので、未開封なら常温で長期間保存が可能な紙パックです。

『A』は Aseptic(アセプティック)で「無菌の」、そのあとの 『Brick Pack』(ブリックパック) は「箱型紙容器」の意味で、略して『ABパック』と呼びます。

本日紹介したいのはこちらのABパック~『イタリア産あらごしトマト』です。

未開封なら常温で2年半も保存できます。パスタはもちろん、わが家ではキーマカレーにも使っているとても便利でおいしいCOOP商品です。

使用後は、切り開いて洗って乾かし、みやぎ生協の牛乳・紙パック回収ボックスへお持ちください。みやぎ生協では牛乳パックといっしょにABパックも回収しています。

※仙台市では回収していません。

牛乳・紙パックの売却収益金はユニセフ募金になります。小さな紙パックですが、捨てずに回収ボックスへ!

よろしくお願いします!

2016環境デーリポート②

2016年7月13日(水曜日)

6月21日(火)、「幸町店合同のつどい」のあとの幸町店こ~ぷ委員会のみなさんによる『廃食油回収のお知らせ活動』を取材させていただきました。

みなさま、みやぎ生協が使用済み食用油を回収しているのをご存じでしょうか?全店に回収ボックスがあるわけではありませんが、実は、こんな場所に003

このようにあります!

006

夏休みやお盆など、「たくさん揚げ物して油の処理に困る~」となったときは、500ミリリットルのペットボトルに移して、みやぎ生協にお持ちください。

2016年7月現在の廃食油回収店舗:名取西店・桜ヶ丘店・愛子店・榴岡店・高砂駅前店・高森店・幸町店・南小泉店・六丁の目店・富沢店・八木山店・南光台店

詳しくはこちらでご確認ください。→http://www.miyagi.coop/member/kankyou/recycle/detail/13/

回収された廃食油は、仙台市で集められBDF(軽油代替燃料)に生まれ変わります。

当日は、お客様ににチラシを配布しながら、時には、回収ボックスまでご案内して出し方を説明しながら、丁寧にお知らせ活動をしていました。005-1

エリアリーダーの佐藤さま!こ~ぷ委員会のみなさま!大変お疲れ様でした!

2.13フェアトレード・カフェにご参加ください!

2016年2月1日(月曜日)

『フェアトレード(公正な貿易)』とは、人と地球にやさしい貿易の仕組みです。では、『アンフェアなトレード』があるのでしょうか?

2011nishitagaFT1

カフェでは、途上国が抱えているさまざまな問題を学ぶとともに、フェアトレード商品の生産者のみなさんのくらしや商品作りのこだわりなどを紹介します。

世界の貧困や環境破壊について知っていただくことで、買い物の際の商品の選び方がきっと変わると思います。

定番商品はもちろん、この春夏の新商品も多数展示します。また、コーヒーや有機栽培の紅茶、ドライマンゴー、チョコレートの試食もありますので、ご家族、ご友人でぜひご参加ください。

○とき:2月13日(土) 10:30~12:30
○ところ:みやぎ生協文化会館ウィズ2階会議室
○参加費:無料   
○託児:有り 無料・1歳~未就学児 (要・事前申込)
★お申し込み・お問い合わせ★
 必要事項1~4をご記入の上、ハガキ、FAX、Eメールで下記まで。
 必要事項1.お名前(複数の場合は代表者名と参加人数)
       2.ご住所(郵便番号も)
       3.電話番号
       4.託児を希望される方はお子様のお名前と年齢
 
〒981-3194 仙台市泉区八乙女4-2-2
 みやぎ生協生活文化部 フェアトレードカフェ係
  電話:022-218-3880/FAX:022-218-3663
  Eメール:sn.mkankyouk3@todock.jp

 

4つの“て”~ペットボトルリサイクル~

2014年10月8日(水曜日)

9月の環境活動委員会では『3R』の学習のひとつとしてペットボトルリサイクルについて学習会を行いました。講師にお招きしたのは『ペットボトルラベルはがし調査実行委員会』の日下部稔さん。

長年、仙台市のペットボトル回収のために貢献されてきた団体の中心メンバーです。

日下部さんは、ペットボトルを質の高い資源にするために

1.キャンプをはずす

2.中をすすぐ

3.つぶす

4.ラベルをはがす

4つの“て”をかけて回収箱に出して欲しいとおっしゃっていました。

学習中はペットボトルが再生される過程やその再生品もたくさん見させていただきました。

 

再生品にはエコマークがついていますので、ペットボトルに限らず、エコマークのあるものを買い求めたいですね。

仙台市では、10月11月を秋のワケる強化期間としてキャンペーンを行っています。

しっかり分別を心掛けて家庭ごみをできるだけ減らしましょう!

環境活動委員会の次の『3R』学習は、11月11日(火) 仙台市環境局の岩渕千代子さんを講師に実施します。

興味のある方は、生活文化部までお問い合わせください。

みやぎ生活協同組合生活文化部 (電話)022-218-3880

 

 

リメイクキャンドル作り講座が終了しました!

2014年6月3日(火曜日)

メンバーのみなさんから好評のリメイクキャンドル作りですが、今年は、もっと気軽に楽しんでいただくために基本中の基本を学ぶ講座を開講しました。

会場は、名取西店、文化会館ウィズ、アイトピアホールの3会場で、31人の参加がありました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

講座の内容は、最初の作業であるテーブルに新聞紙1日分ずつを見開きに敷き詰めることから、ロウソクの溶かし方や芯の作り方、最後の片付け方まで、小さな紙コップを型にしたキャンドルを作りながら体験していただきました。

時間があったので、クッキー型でくりぬく水に浮かべる小さなキャンドルも作りましたよ♪(写真手前)

よくある質問「アロマキャンドルの楽しみ方」についてもお話して、より安全なキャンドルの楽しみ方をお伝えしました。

終了後、さっそく、キャンドルキットの申し込みがきています。

みなさんのお近くで「リメイクキャンドル作り」の募集を見かけましたら、ぜひ、ご参加くださいね!

 

 

 

 

<新田東店>エコ・カフェを開催します!

2014年5月28日(水曜日)

昨年、環境活動委員会が環境月間の取り組みとして開催したキャンドル・カフェですが、今年は「エコ・カフェ」と名前をかえて、新田東店で開催いたします。

開催日は 6月13日(金)10:30~12:30
会場は 新田東店メンバー集会室(仙台市宮城野区新田東5-13-19)
参加費は無料で、参加申し込みもご不要ですが、託児のみ事前のお申し込みが必要になります。

エコ・カフェでは、環境活動委員会がおすすめするたくさんのエコグッズを紹介します。

中でも

☆洗剤の使用を減らす→アクリルたわし

☆重曹をおしゃれに活用する→ポプリ

☆お気に入りのカレンダーをもう一度使う→ミニバッグ

☆手作りのキャンドルを楽しむ→キューブキャンドル

以上の4つは、その場で作ることができます。
どれも、すぐに使いたくなるグッズばかりです♪

また、鍋帽子や布ナプキンなどのエコグッズレシピ、そして、手作りの合間にゆっくりしていただけるようにカフェコーナーも準備してお待ちしております。

お買い物ついでにぜひお立ち寄りください!

お問い合わせ:託児お申し込み

>みやぎ生協生活文化部 電話:022-218-3880

家庭ごみのゆくえを見てみよう

2012年10月23日(火曜日)

10月9日(火)、環境活動委員会は、MELON環境市民講座「家庭ごみのゆくえを見てみよう」に参加して、仙台市内にある今泉清掃工場・リサイクルプラザ・新港リサイクル(株)を見学しました。

仙台市役所からワケル君バスに乗り、最初に向かったのは仙台市若林区にある「今泉清掃工場」。

伊達政宗公の曽祖父・稙宗公が制定した【塵芥集(じんかいしゅう)】を例にあげた説明はとても興味深いものでした。

巨大なごみピット(回収車が直接ごみを入れるところ)を覗き込んでいます。

次に、隣接する「今泉リサイクルプラザ」を見学しました。

ここでは、家具や衣類、本、おもちゃなどの持ち込みを受け付け、希望者に提供しています。

また、古布を利用した手作り教室も行っています。

参加者の中には、衣類を持ってきてお渡ししている方もいました。

昼食後、宮城野区にあるプラスチック選別施設「新港リサイクル㈱」へ。

ここでは、回収されたプラスチック容器包装がどのようにして再商品化されるのかを見学しました。

手作業で分別しています!

異物を取り除くのも大変ですが、回収袋の中に入った小分けされた袋を破るのにも時間を費やすそうです。

くれぐれも、“内袋としてレジ袋などを使用するときは、内袋の口をしばらないでください!”

『プラ容器ではないもの』を見せていただきました。

中身の入ったマヨネーズやインスタントラーメン、長靴、使用済み点滴用具一式まで!

ここでは、集められたプラスチック製容器包装の半分ほどが、運送に使用するパレットという荷物の土台にリサイクルされます。

また、燃料や原料に加工して再利用されています。

もっと多くの方にリサイクルのことを正しく伝えていかなくては、と強く思いました。

塵芥集風に本日の教訓です。

芥とも思いやりをもって始末すべく候。

 

 

 

わが家のごみ減量

2012年1月24日(火曜日)

仙台市の情報によると、家庭ごみの35%が生ごみです。

冬になるとその生ごみに加えて、果物の皮が大量に出るわが家。

もちろん、可能な限り食材にしたいのですが、そうもいかない時は、わが家ではフタ付きバケツに入れます。

プランターの乾いた土が入っています。

そこにきざんだバナナの皮とエノキのいしづきを入れました。

この上に、さらに乾いた土をかけてフタをします。

数ヶ月ほったらかすと、皮やいしづきは土になっています。

魚のアラなどは入れないので、異臭がしたりハエが集まるなどということはありません。

ポイントは、フタ付きであること、土が乾いていること、入れるものをできるだけきざむこと。

きざむのが大変なほど大量過のときは、雨の当たらない軒下に埋めますが。

わが家は、堆肥は不要なのでこの方法ですが、生ごみを堆肥化する方法もあります。

MELON 4R推進部会 http://www.melon.or.jp/melon/contents/Section/trash/index.htm

仙台市 ごみの減量・リサイクル http://www.gomi100.com/3r/garbage/

みなさんも継続できる方法をみつけて、生ごみ減量に取り組んでみませんか?

みやぎ生協の紙リサイクル

2011年12月28日(水曜日)

年末大掃除もいよいよ大詰め!

すっきり片付けて気持ちよくお年越&新年を迎えたいものですね。

まとめて片付けるものといえば『紙類』もそのひとつではないでしょうか?

しかし、『紙類』はため込むと場所を取るばかりではなく、運ぶのも一苦労。

少しまとまったらお買い物ついでに生協のお店にお持ちください。

店舗敷地内で雑誌・雑紙・新聞紙・チラシを回収しております。

ここで専用ポイントカードを使うと、古紙1キロあたり1ポイント加算され、300ポイントで300円分のみやぎ生協割引券がもらえます。

使い方はとても簡単♪

①回収コンテナの脇にあるカード読み取り機でカードを作り

②古紙をコンテナに分別して投入

③再び、カード読み取り機に戻り、「ポイントGet!」ボタンをタッチしてカードを受け取ります。

500ポイント貯まると500円分のコープ商品券と交換できます。

お得なキャンペーンもありますので、お見逃しなく!

設置店舗は、亘理店・台原店・六丁の目店・高森店・塩釜栄町店・幸町店・八木山店・高砂駅前店・愛子店・岩切店・蛇田店・岩沼店・桜ヶ丘店・新田東店・南光台店・塩釜杉の入店・石巻大橋店・大河原店・明石台店・柳生店・西多賀店・富沢店 になります。

ただし、ダンボール類は回収しておりません。

ダンボール類は、行政の紙回収にお出しください。

他にも、みやぎ生協のお店では、「食品用トレー」「たまごパック」「ペットボトル」「ペットボトルキャップ」「牛乳パック」「アルミ缶」などを全店で回収しております。

捨てればごみ、分別すれば資源!

生協のお店を利用して、こまめにリサイクルしましょう♪

∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*

今年6月23日にスタートした みんなでエコinみやぎ も無事に本年最後の記事となりました。

アクセスいただいたみなさま、ほんとうにありがとうございました。

みなさまが笑顔でお年越し・新年を迎えられますようにお祈り申し上げます。

あずき・ぼたん