「エコドライブ」カテゴリーの一覧

わが家の「うちエコ診断」

2012年1月26日(木曜日)

今さらながら、先日、環境省の「うちエコ診断」 (MELONストップ温暖化センター受託)を受けました。「診断」というだけでドキドキ・・・。

結果、100世帯中13位というワリと好成績(?)でした。

わが家のネックは自家用車だということが判明(予想通り)。毎日通勤に利用しているし、休日は山に行ったり、その他にもいろいろな用事や買い物などで週6日は使っています。

もちろん、急発進・急加速しない、アイドリングストップ、暖気運転はしない、など「エコドライブ」を心がけてはいますが。

暖気運転・・・寒いとつい「暖気しなければ!」と思いがちですが、「現在販売されているガソリン車は暖気不要で、寒冷地などの特別な状況を除き、走りながら暖めるウォームアップ走行で充分」だそうです。((社)日本自動車工業協会 エコドライブ10のすすめ

*ウォームアップ走行とは、スタート直後はエンジンだけではなく、他の部分も温まるまで負荷をかけずに走行することです。

車の使用頻度を半分にすれば、13位 → 9位にランクアップのシュミレーションが出ましたが、この「うちエコ診断」は順位を争うものではなく、各家庭に沿った省エネアドバイスを受けられるというものなので、順位を気にするのは本末転倒ですね・・・反省。

自家用車に続くわが家のCO2発生源は『給湯』ということで、そのアドバイスもいただきました。

①節水シャワーヘッドに取り替える→ 手元ボタンで止水できるタイプもあるようなので、ホームセンターなどで探してみます。

②シャワー1人1分短縮 →家族の協力必要!(シャワーは流しっぱなしにすると1分間で12ℓのお湯が出るそうです。1年間で4380ℓ!)

③給湯器を「エコジョーズ」などの省エネ型に替える→ すぐには無理!

④使用しない時は給湯器のリモコンを切る→実践済み♪

待機時消費電力(使っていないのにコンセントにつないでおくだけで消費する電力)は、一世帯あたりの全電力消費量の約6%を占めるそうです((財)省エネルギーセンター調べ)。その内の20%が温水機器だとのこと。あなどれません。

④入浴は間隔をあけずに、なるべく追い炊きはしない →間隔は少しあくけど、フタを閉めているので追い炊きはしていません。

など、エネルギー使用量の多いところをいかに減らすかのアドバイスをいただきました。車を買い替える(そりゃ~効果的だけど)など、直ぐには無理なものもありましたが、わが家のエネルギー使用実態が判明して面白かったです。

私の愛車のバックガラスにはこんなシールが貼ってあります。

一応、省エネ車です^^v