「省エネ」カテゴリーの一覧

『環境フォーラムせんだい』開催のお知らせ

2016年12月6日(火曜日)

早いもので、もう12月ですね!

みなさんのおうちの冷蔵庫は冬モードになりましたか?

真夏のままの方、「強→中→弱」 今すぐ冬モードに切り替えましょう。

%e5%86%b7%e8%94%b5%e5%ba%ab%e5%86%ac

さて、毎年恒例の『環境フォーラムせんだい2016 杜の楽校へようこそ!』が開催されます。

さまざまな展示や体験、クイズなどをとおして環境について考えるイベントで、参加団体もとても多彩で、お子さまからおとなまで楽しめる企画となっています。

■とき 12月11日(日)10:00~15:00

■場所 せんだいメディアテーク1階オープンスクエア

■入場 無料

詳細はこちら⇒⇒⇒『環境フォーラムせんだい2016 杜の楽校へようこそ!』

 

会場がメディアテークというのもうれしいですね。

冬の定禅寺通りをお散歩しながらお気軽にお立ち寄りください。

 

 

 

「冬の省エネエイト」にチャレンジ!!

2015年1月7日(水曜日)

新しい年が始まりました。

どんな年になるのでしょうか?どんな年にしたいですか?

さて、今日から寒さがぶり返し、雪もチラツキはじめました。

11月から始まった「冬の省エネエイトチャレンジ」も中盤にさしかかっています。チャレンジ終了は1月末日です。

チャレンジが終了したかたから取り組みシートが送られてきていますヨ。

楽しくムリなく省エネしている様子から、いくつかを紹介します。

寒さが本格化するこれから、温かく過ごす(もちろん省エネしながら)参考になれば嬉しいです。

仙台市太白区のYさんから・・・部屋掃除で温かくなれば一石二鳥ですね。

20150107150252-0001

名取市Mさんからこんな気付き

20150107145852-0001

柴田町Tさんから・・・ホッコリは心も体も

20150107150252-0003

岩沼市Sさんから・・・家庭からのCO2排出量を計算してもらったら、こんな感想も

20150107150252-0002

これからも、 皆様から寄せられた省エネアイデアを紹介していきますので、ヨロシク!

 

やってみました!うちエコ診断!

2014年8月12日(火曜日)

毎日やたら暑い日が続きますが、みなさま、どのように過ごしていらっしゃいますか?

みやぎ生協では“夏の省エネ8チャレンジ”絶賛展開中でして、みなさまのこの酷暑の過ごし方など教えていただければ幸いです♪

さてさて、私はといいますと、省エネのヒントを得るべく、MELONさんに連絡しまして『うちエコ診断』をお願いしました。

診断士は菅野喜美恵さん。

現在の我が家のCO2排出量を計算、そして、診断結果は・・・驚愕の宮城県内2人世帯100人中69位!!!

電気は平均以下でしたが、ガス・ガソリン・灯油のCO2排出量は平均以上!特に、灯油は平均の2.5倍!!!

結構質素な生活を営んでいるつもりでしたが・・・なんとしよう(--;) 落ち込む私に菅野さんは目からウロコのさまざまなアドバイスをしてくださいました。

まずは、暖房の仕方を見直しましょう、ということです。設定温度を下げ、使用時間を毎日少しずつでも減らすことでかなりのCO2削減になるそうです。

さらに、エアコンとの併用で効果大に!エアコンのない我が家、ついにこの冬エアコン導入???

また、冷蔵庫の消費電力量は、ここ3年内製造のものは2008年製造のほぼ半分・・・冷蔵庫の買い換え???

他にもシャワーを1分ずつ減らしたり、車の運転でふんわりアクセルを心掛けたりすることで、我が家のCO2排出量は宮城県の平均値に、順位でいうと21位アップの48位に!!!落ち込んだ私にも少し希望が見えてきました♪

いただいた資料は、家族で省エネについて話し合うためのいいきっかけになります。家族の一人一人が少しずつ頑張って、1年後にもう一度診断してもらおうと思います。

『やってみようかな』と思う方は、MELONさんのホームページからどうぞ♪

>>>“うちエコ診断”

8月末締め切りの“夏の省エネ8チャレンジ”にもぜひご参加ください!

>>>“夏の省エネ8チャレンジ

今回の『目からウロコ賞』の商品は、とってもステキな石巻市『明日華』さんのリネン平織りマフラーです♪♪♪

省エネ8(エイト)にチャレンジ!

2014年7月17日(木曜日)

6月1日から始まった『2014夏省エネ8チャレンジ』

~ムリなく ムダなく ココチよく~ から、“ムダなく” ということで『タオル』について考えてみませんか?

タオルの発祥地はフランスで、1811年のことでした。

日本に入ってきたのは、それからずいぶん遅れて、1868年。現在の機械織りが確立したのは1887年(明治20年)のことです。

その当時のタオルはずいぶん高級品だったでしょうね。

以降、贈答品や記念品、そして、日用品として利用される時代が長く続ます。

さて、タオルがこれほどメジャーではない時代、人びとの汗を拭っていたものは『手拭い』だったのだと思います。

風呂上りにも手拭いを絞りながら体を拭いていたのでしょう。

洗濯機のない時代、手拭いは毎日の“手で行う洗濯”にそう負担ではなかった・・・

それと比べると、現在、風呂上りに体を包むようにして使うバスタオルは、やたらデカ過ぎ?

手拭いでなんとかなる“体を拭くという行為”は、いつからバスタオルに替わり、そして当たり前になったのでしょう?

洗うのは機械とはいえ、バスタオルをフェイスタオルに替えたら洗濯の量が断然違うはず。

つまり、電気代・水道代の節約につながると考えます。

干すスペースだって変わります!

梅雨の季節だけでも、バスタオル→フェイスタオル にして、節電・節水を試みてみませんか?

(できれば、「フェイスタオルで充分じゃん♪」と感じて欲しいと密かに願っております。)

石巻市・明日華(あすか)のリネン平織マフラーが当たる『夏の省エネ8チャレンジ』!

みなさんのエコも教えてください♪

ご応募はこちらから>>>>2014夏の省エネ8チャレンジ

 

リメイクキャンドル作り講座が終了しました!

2014年6月3日(火曜日)

メンバーのみなさんから好評のリメイクキャンドル作りですが、今年は、もっと気軽に楽しんでいただくために基本中の基本を学ぶ講座を開講しました。

会場は、名取西店、文化会館ウィズ、アイトピアホールの3会場で、31人の参加がありました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

講座の内容は、最初の作業であるテーブルに新聞紙1日分ずつを見開きに敷き詰めることから、ロウソクの溶かし方や芯の作り方、最後の片付け方まで、小さな紙コップを型にしたキャンドルを作りながら体験していただきました。

時間があったので、クッキー型でくりぬく水に浮かべる小さなキャンドルも作りましたよ♪(写真手前)

よくある質問「アロマキャンドルの楽しみ方」についてもお話して、より安全なキャンドルの楽しみ方をお伝えしました。

終了後、さっそく、キャンドルキットの申し込みがきています。

みなさんのお近くで「リメイクキャンドル作り」の募集を見かけましたら、ぜひ、ご参加くださいね!

 

 

 

 

「くらしの達人ワザ」第2弾!!

2014年3月5日(水曜日)

お雛祭りに飾った桃のツボミが部屋の中で少しほころび始めています。

春眠暁を覚えずの季節にもなりました。

さて、前回もお知らせした「くらしの達人ワザ大募集!!」へのお便りの第2弾です。

小さいお子さんがいる泉区のNさんからはこんな工夫

元気な子どもと一緒に、太白区のIさんは

ホット一息、甘い物がほしい時の簡単節約レシピを岩沼市のMが寄せてくださいました。

そして取り組んでみてのTさんの感想。同感です。

もうすぐ春ですネ

2014年3月3日(月曜日)

短かった2月が終わりもう3月。

このところ日差しも春めいてきましたが、油断は禁物!また、寒の戻りがあると天気予報が知らせています。まさしく三寒四温で春に近づいていくのですね。

さて、11月~1月末までの期間に皆様に呼びかけた「くらし見直し冬編チャレンジ」に取り組んだ方々から続々記入シートが届いています。

今回は「くらしの達人ワザ大募集!!」にたくさんの方から「くらしのワザ」を寄せていただきました。

その中から、まだ間に合う寒さ対策についていくつかお知らせします。

名取市Aさんからはヤッタネ!のお便り

また、利府町Oさんからは

名取市Mさんは電気・ガス・水道の使用量と料金をグラフにして管理しています。

やっぱり冬は電気使用量も増えます。どんな時に使用量が増えるのかがわかると、何を減らせばよいかの目安がつきます。わが家のエネルギー使用量の実態を知ることもダイジですね。

これからも「くらしのワザ」を紹介していきます。乞うご期待!

“夏の省エネチャレンジ”は今月末まで!

2013年8月23日(金曜日)

厳しい暑さが続いております。

加えて、電気料金の値上げ。。。

みなさまはどんな工夫をしてこの酷暑をお過ごしでしょうか?

わが家の省エネ対策をご紹介しますと・・・

西日の当たる窓の外にグリーンカーテンを!

今年は、スイカに挑戦中でして、こんな感じです♪

また、岩手の実家へ帰省したときは、一仕事終えるたびに川で涼んでいましたが、ここ、仙台では、午後から日陰になる北側の庭で過ごしたり、夜は夜で、手作りキャンドルを楽しんでみたり☆

ぼたん一族は、それはそれは夏の猫のごとく、涼しい場所を探して常に移動しております。

☆・・・*・・・☆・・・*・・・☆・・・*・・・☆・・・*・・・☆・・・*・・・☆

2013夏の省エネチャレンジは、今月末まで。

チャレンジシート提出締切は、9月末日となっています。

みなさまの省エネアイディアをぜひ!ぜひ!お聞かせください!

“夏の省エネチャレンジ”チャレンジシートはこちらから ↓↓↓ http://www.miyagi.coop/member/kankyou/news/detail/21/

環境活動委員会のエコなお料理

2013年4月2日(火曜日)

3月12日(火) 2012年度最終の環境活動委員会例会がありました。

3月のテーマは『エコなお料理』

『エコなお料理』とは、できるだけ地元の食材を使い、手順を考えて効率よく調理するなど、買い物から片づけまでの全ての工程で環境に配慮しながら調理をすることで、今回は「ごみ減量」にテーマをしぼり、3チームに分かれてごみの量を競いました。

メニューは

1.イカチリ

みじん切りしたネギ・ショウガ・ニンニクがたっぷり入っています。

エビチリよりずっと安価でボリュームもあります。

2.大根とベーコンの薬味煮

環境研究会のメニューを参考にしました。

大根とベーコン、ちょっと意外な組み合わせですが、万人受けの一品です。

3.はくさいと春雨のスープ

こちらも環境研究会のメニューから。

事務局は、材料の『鮭缶』を見つけられず、『シーチキン』で代用しましたが、具沢山のとっても美味しいスープになりました。

4.しおがま

デザートは和風に。

上南粉2カップと上白糖1カップにゆかり適宜をビニール袋に入れて、振りながらよく混ぜた後、水60㏄加え、ビニール袋の上から握るようにして棒状に固めて行きます。

固まったら、お好みのサイズに切り分けます。

すのこを使うときれいにできます。

煮物には、手作り保温調理グッズの鍋帽子を活用して、ガス代節約☆

大根の葉っぱは、葉っぱの付け根ごと8等分して、一度日に当てて冷凍保存。

肉じゃがや鍋物などに重宝します。

さてさて、ごみ減量競争はといいますと・・・

☆☆☆Aチーム 130g

☆☆Bチーム 215g

☆Cチーム 225g

という結果になりました。

ごみの内容は、白菜や大根を使ったにもかかわらず、その類は見られず(皮も食べた!)、しいたけのいしづき部分やイカのワタ部分など。

Aチームが大きく差をつけたのは、イカワタもイカチリに使用したためでした。

『エコなお料理』、なかなか楽しいでしょ?

でも、食材を捨てない工夫も省エネする工夫も、少し前は当たり前に気をつけていたもの。

また、あらかじめ手順を考えて調理を始めると時間の節約にもなります。

『エコなお料理』 みなさんも始めてみませんか?

*各メニューの調理方法はコメント欄に記載します♪

循環備蓄

2013年2月12日(火曜日)

東日本大震災からまもなく2年になろうとしています。

わたしたちは、多くのものを失い、また、多くのことを学びました。

今は、学んだことが整理され、明日へつなぐ行動としてさまざまなところからさまざまな情報が発信されています。

先月、私の住む地域での「防災」についての学習会に参加して、講師の消防士さんから『(家庭での)循環備蓄』という言葉を教えていただきました。

お米や調味料、水、乾電池など、保存の利くものをある程度ストックして、1つ消費したら買い足すという備蓄方法です。

あの時を思い返して、わが家で必要な備蓄品をリストアップしてみました。

・ガソリン!!!

・灯油+反射式石油ストーブ

・米、調味料類

・乾電池(懐中電灯に合うもの)

・水(断水は免れましたが、水汲みはほんとに大変だった、と聞いたので)

・トイレットペーパー

電気を使わない石油ストーブは、宮城県沖地震(1978年6月)を経験して得た知識とか。

私は、こちらに嫁いでから知人に教えてもらいましたが、ひとつのストーブでご飯を炊き、味噌汁を作り、簡単な煮物を作り・・・質素なメニューでしたが、「こんなときだもの」不服はありません。

石油ストーブでご飯を炊くときは、しっかりした蓋のお鍋を使いましょう。

芋煮の鍋のような乗せるだけの蓋ではなく、蓋の縁が本体に入るようなもの・・・ガラスの蓋がベストです。

米を研ぎ、普通の水加減でストーブに乗せ、20分ほどしたら様子を見ます。

表面の小さな泡ぶくがプツ、プツ、とし出したら出来上がり。

ストーブから下ろして10分ほど蒸らします。

また、野菜を少し日干しして冷凍保存しておくのもおススメです。

たとえば、大根の皮を拍子切りしたものは、お味噌汁に。

大根の葉を刻んで少量の塩で揉み、冷凍したものは、炊き上がったご飯に混ぜて「菜飯(なめし)」に。

保温調理法もとても役に立ちました。

食料の備蓄品は、調理方法も考えながら揃えましょう。

環境研究会の「エコなクッキング」メニューはとても参考になります。

★環境研究会の干し大根・・・葉っぱつきで、煮物に最適♪

★保温調理は省エネだけではなく、野菜の旨みをぐ~んと引き出します♪

新聞紙&ひざ掛け、市販品、どちらでもOK!

また、「水」の備蓄については、一部の家庭だけで14億円分の期限切れ買い置き水があるという情報もあります。

ストックしたものは、定期的にチェックして賞味期限・消費期限が切れて捨てることがないようにしましょう。

「これくらいなら、やってるわ」という方も多いと思いますが、この『循環備蓄』という言葉をぜひ覚えて欲しいと思います。

仙台市のホームページでも紹介していますのでご覧ください。→http://www.city.sendai.jp/shobo/1201570_2447.html

震災時は、雪がちらつき、とても寒かったのを覚えています。あの寒さの中、食品などを求めてお店の前に何時間も並んだ方も多いと思いますが、この『循環備蓄』を意識して生活していれば、3日は買い物なしで過ごせる(理想は1週間ですが)と思います。

災害時のためのエコなお料理メニューをお持ちの方は、ぜひ!『冬の省エネチャレンジ』でご紹介ください!

チャレンジシートの提出〆切は、2月末日です☆

冬の省エネチャレンジ→http://www.miyagi.coop/member/kankyou/news/detail/6/