冬のあったか省エネ料理

投稿者: あずき  2013年2月22日(金曜日) 15時48分|エコなお料理RSS 2.0

立春も過ぎましたが、まだまだ寒い日が続いています。

こんな時はやっぱり暖かいお料理で体を温めましょう。

ところで、1月末~2月にかけて「親の受験対策!受験生の栄養・健康管理について学びましょう♪」が仙台市内5箇所で開催され時節柄、大好評でした。やっぱり朝ごはんは大事!就寝後夜10時頃から成長ホルモン(疲れを修復する働きもあり)が分泌されるので早寝早起で体調管理と、効率のよい時間帯に集中して勉強できる環境を作ってあげるのも親の役目とのこと。

その中で、「受験生のための体が温まる簡単省エネ料理」が紹介されました。受験生がいなくても取り入れてみたい「簡単・省エネ料理」をいくつか紹介しますね。簡単がミソ!

まず、省エネ料理とは・・・

エネルギーを無駄にしない(大切にする)調理。例えば地場の季節の食材を使って輸送にかかるエネルギーを減らすことも含まれます。

保温・余熱調理で調理時のエネルギーを減らす工夫もできます。

体を温めるにはショウガやネギをいっぱい入れて、また季節の根菜類もたくさん食べたいですね。

保温調理は「鍋帽子」で鍋をくるんで保温します。

古い毛布やひざ掛けなどで包んでもOKです。

それでは、あったか「ミネストローネ」を時間短縮保温調理で作ってみましょう♪

材料は(4人分)ニンジン 1/3本、タマネギ 2/1コ、ダイコン 10cm、ジャガイモ 1コ、ベーコン 4枚、ショートパスタ 50g、トマト缶 1コ、ニンニク 1かけ、オリーブオイル 大さじ1、水 1000ml、スープの素 2コ

その他、家にある野菜(キャベツ、レンコン、サトイモ、ミックスベジタブルなど)や大豆缶などを入れてもgood!

みじん切りにしたニンニクをいため、1cmくらいに角に切った野菜とベーコンを炒めます。

水、トマト缶、スープの素を加え沸騰させます。沸騰したら、ショートパスタを加え、1分加熱。

火を止め、30分保温 その後、塩・コショウで味を調えます。

また、ショウガ入りの温かい飲み物でホット一息~

ホットジンジャーはちみつレモン、ホット梅ショウガ、ジンジャーココア(意外とおいしい!)などいかがでしょう。

この時期、受験生でなくても、風邪を引かないための体調管理も必要ですね。

ウガイ・手洗いの励行。

季節の食材を使ったビタミンたっぷりの食事を心がける。

適度な室温・湿度(50%~60%)を保つことも大事。特に湿度!乾燥しすぎないよう温湿度計などで管理しましょう。

「冬の省エネチャレンジ」の提出締め切りが近づいています(2月末日)。まだ間に合います!お待ちしています♪

コメントのみ受付中。トラックバックは受付停止

コメントを投稿