水辺に親しもう!~ダムカード~

投稿者: ぼたん  2016年7月14日(木曜日) 12時16分|水辺に親しむRSS 2.0

 

1468374705518

現在、『水辺の観察と水質測定』実施期間となっておりますが、測定キットが若干残っていますので、引き続き参加者を募集しています。よく「子どもがいなくてもいいですか?」と聞かれますが、もちろんOKです。年代を問わず、できるだけ多くの方がわたしたちの生活に欠かせない『水』に関心を持って欲しいと思います。わたしたちが飲んでいる水、お風呂や洗濯に使う水、どれも川の水ですから。また、利用し終わった水は、最終的には海へ流しています。

先日、テレビの「ダムカード」というキーワードに引っかかり、『仙台地方ダム総合事務所』(仙台市泉区将監)に行って、6枚の「ダムカード」をいただいてきました!

『仙台地方ダム総合事務所』で管理している「樽水ダム」「宮床ダム」「南川ダム」「七北田ダム」「惣の関ダム」「仙台環境開発大倉ダム」の6枚です。

宮城県内では、この6か所以外に14か所のダムでカードがもらえるようです。

他のダムは、それぞれに行って集めるしかないようです。それが本来の集め方ですが・・・。

カードの裏面には、ダムデータとして「所在地」「河川名」「ダム形

式」の他「放流設備」や「目的」なども書かれていて、とても興味深い!例えば、七北田ダムの場合、河川名は二級河川七北田川、目的は、洪水調節と上水道で、総貯水量は920万㎥とあります。

「関東はダムの貯水量が激減して節水を呼びかけているが、宮城は大丈夫だろうか?」
こうした関心が「水辺の見守り」につながります。そのひとつのきっかけとして「ダム」はいかがでしょう?

ダムへのお出かけのさいには、ぜひ、測定キットをご持参ください♪

 

 

 

 

 

コメントのみ受付中。トラックバックは受付停止

コメントを投稿