‘無洗米’について学習しました

投稿者: ぼたん  2012年2月20日(月曜日) 13時53分|環境活動委員会, 節水RSS 2.0

2月14日(火)、環境活動委員会2月度例会を開催しました。

今月は環境研究会・山田さんを講師に迎えて『無洗米』について学習しました。

無洗米の良さは、「お米を研ぐ」という作業が必要ないことですが、それは同時に研ぎ汁で「川を汚さない」というエコな行動につながります。

「お米を研ぐ」・・・「研ぐ」というより「洗う」でしょうか?

『母は、冬は手が冷たいからと言って泡たて器で洗ってたわ』

『うちの母なんかすりこ木よ~』

などという話を思い出しつつ。。。

さて、みなさんの家庭ではお米を洗うのにどのくらいの水を使っていますか?

講師の山田さんは「私は、2ℓくらいです」とおっしゃっていましたので、一般人の私はその2倍位になるのかな?

1年間に洗米に使う水の量を単純計算すると、山田さんは730ℓ、私は1460ℓ。

これが、無洗米ならお米の量とほぼ同量の炊飯のためのお水があればいいのですから、かなりの節水になりますね。

昨年の大震災時にも大変役に立ったというお話もうかがいました。

また、お米の糠を省くことから古米臭がしないとも言われます。

さらに、みやぎ生協の『めぐみ野 ひとめぼれ 無洗米』を作る工場では、無洗米製造過程で出る米ぬかを家畜の飼料に加工するそうです。

環境活動委員会では意外と無洗米利用者が少なかったのですが、皆が発売当初より美味しくなったという無洗米を利用したいと思いました。

さっそく、来月13日(火)の例会で試食することになりました。

今回は、環境活動委員会のみなさんから『アクリルたわし』のご協力をいただきました。

厚みのある使い勝手のよさそうなデザインです。

近いうちに、仮設住宅でのふれあいお茶会で参加された方々に差し上げたいと思います。

これで2回目の『アクリルたわし』のご協力になりました。

環境活動委員会のみなさん、ありがとうございました!

コメントのみ受付中。トラックバックは受付停止

コメントを投稿