10.5(水) 太子堂店〝エコ・カフェ″ 開催します!

2016年9月28日 投稿者: ぼたん

環境活動委員会からのご案内です。

10月5日(水)10時半から12時半まで、太子堂店メンバー集会室において『エコ・カフェ』を開催します。

目からうろこの簡単手作りエコグッズを、環境活動委員会メンバーといっしょに作ってみませんか?
作るのは、「キャンドル」「カレンダーのバッグ」「重曹ポプリ」「アクリルひもたわし」の4点で、材料費は無料です。
%e3%82%a8%e3%82%b3%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%ef%bc%94%e7%82%b9

また、エコグッズレシピも多数展示いたしますので、コーヒー・紅茶を飲みながらご覧ください。

託児のお申し込みは締め切りましたが、ご参加のお申し込みはまだまだ余裕がございます。当日参加もOKですが、できれば「3人で行きますのでよろしく~♪」みたいな事前連絡をいただきますと準備係が助かります。
お子さま連れでも大丈夫です。お買い物ついでにどうぞお立ち寄りください。

0614002

水辺に親しもう!~ダムカード~

2016年7月14日 投稿者: ぼたん

 

1468374705518

現在、『水辺の観察と水質測定』実施期間となっておりますが、測定キットが若干残っていますので、引き続き参加者を募集しています。よく「子どもがいなくてもいいですか?」と聞かれますが、もちろんOKです。年代を問わず、できるだけ多くの方がわたしたちの生活に欠かせない『水』に関心を持って欲しいと思います。わたしたちが飲んでいる水、お風呂や洗濯に使う水、どれも川の水ですから。また、利用し終わった水は、最終的には海へ流しています。

先日、テレビの「ダムカード」というキーワードに引っかかり、『仙台地方ダム総合事務所』(仙台市泉区将監)に行って、6枚の「ダムカード」をいただいてきました!

『仙台地方ダム総合事務所』で管理している「樽水ダム」「宮床ダム」「南川ダム」「七北田ダム」「惣の関ダム」「仙台環境開発大倉ダム」の6枚です。

宮城県内では、この6か所以外に14か所のダムでカードがもらえるようです。

他のダムは、それぞれに行って集めるしかないようです。それが本来の集め方ですが・・・。

カードの裏面には、ダムデータとして「所在地」「河川名」「ダム形

式」の他「放流設備」や「目的」なども書かれていて、とても興味深い!例えば、七北田ダムの場合、河川名は二級河川七北田川、目的は、洪水調節と上水道で、総貯水量は920万㎥とあります。

「関東はダムの貯水量が激減して節水を呼びかけているが、宮城は大丈夫だろうか?」
こうした関心が「水辺の見守り」につながります。そのひとつのきっかけとして「ダム」はいかがでしょう?

ダムへのお出かけのさいには、ぜひ、測定キットをご持参ください♪

 

 

 

 

 

2016環境デーリポート②

2016年7月13日 投稿者: ぼたん

6月21日(火)、「幸町店合同のつどい」のあとの幸町店こ~ぷ委員会のみなさんによる『廃食油回収のお知らせ活動』を取材させていただきました。

みなさま、みやぎ生協が使用済み食用油を回収しているのをご存じでしょうか?全店に回収ボックスがあるわけではありませんが、実は、こんな場所に003

このようにあります!

006

夏休みやお盆など、「たくさん揚げ物して油の処理に困る~」となったときは、500ミリリットルのペットボトルに移して、みやぎ生協にお持ちください。

2016年7月現在の廃食油回収店舗:名取西店・桜ヶ丘店・愛子店・榴岡店・高砂駅前店・高森店・幸町店・南小泉店・六丁の目店・富沢店・八木山店・南光台店

詳しくはこちらでご確認ください。→http://www.miyagi.coop/member/kankyou/recycle/detail/13/

回収された廃食油は、仙台市で集められBDF(軽油代替燃料)に生まれ変わります。

当日は、お客様ににチラシを配布しながら、時には、回収ボックスまでご案内して出し方を説明しながら、丁寧にお知らせ活動をしていました。005-1

エリアリーダーの佐藤さま!こ~ぷ委員会のみなさま!大変お疲れ様でした!

2016環境デーリポート①

2016年6月24日 投稿者: ぼたん

                             

2016 011

6月の環境月間をうけて、県内のみやぎ生協のお店でこ~ぷ委員会による『環境デー』が開催されています。その内容は、みやぎ生協の環境保全への取り組みを紹介するものや環境にやさしい商品の紹介、また、くらしの中のエコな行動について取り上げるものなどさまざまです。
 

6月3日、古川南店集会室での『リメイクキャンドル作り』を講師もかねて取材してきました。集まったのは、遠田・志田エリアのこ~ぷ委員長さんたち。テーマが「震災を忘れない~一夜の夕食をキャンドルで~」ということでしたので、家族や知人とおしゃべりするときの「ネタ」を提案させていただきました。「ネタ」といっても、私の大好きなコープの大豆や台所用液体石けん、重曹の活用方法ですが、どれかひとつでも取り上げていただけたら幸いです。

 

エリアリーダーの戸田様、お世話になりました!

2.13フェアトレード・カフェにご参加ください!

2016年2月1日 投稿者: ぼたん

『フェアトレード(公正な貿易)』とは、人と地球にやさしい貿易の仕組みです。では、『アンフェアなトレード』があるのでしょうか?

2011nishitagaFT1

カフェでは、途上国が抱えているさまざまな問題を学ぶとともに、フェアトレード商品の生産者のみなさんのくらしや商品作りのこだわりなどを紹介します。

世界の貧困や環境破壊について知っていただくことで、買い物の際の商品の選び方がきっと変わると思います。

定番商品はもちろん、この春夏の新商品も多数展示します。また、コーヒーや有機栽培の紅茶、ドライマンゴー、チョコレートの試食もありますので、ご家族、ご友人でぜひご参加ください。

○とき:2月13日(土) 10:30~12:30
○ところ:みやぎ生協文化会館ウィズ2階会議室
○参加費:無料   
○託児:有り 無料・1歳~未就学児 (要・事前申込)
★お申し込み・お問い合わせ★
 必要事項1~4をご記入の上、ハガキ、FAX、Eメールで下記まで。
 必要事項1.お名前(複数の場合は代表者名と参加人数)
       2.ご住所(郵便番号も)
       3.電話番号
       4.託児を希望される方はお子様のお名前と年齢
 
〒981-3194 仙台市泉区八乙女4-2-2
 みやぎ生協生活文化部 フェアトレードカフェ係
  電話:022-218-3880/FAX:022-218-3663
  Eメール:sn.mkankyouk3@todock.jp

 

エコグッズ★重曹ポプリ

2015年12月14日 投稿者: ぼたん

今年も残すところあとわずかとなり、頭の隅っこを「大掃除」の3文字がよぎっている方も少なくないと思います。

12月13日は『大奥の煤払い』の日。つまりは、正月事始めの日です。家庭でも今から少しずつお掃除を始めて、気持ちよく新年を迎えましょう。

エコなお掃除方法のひとつとして、『重曹』を活用することはご存知の方も多いと思います。

重曹に水を加えてシャーベット状にしたものは、換気扇や換気扇カバーに塗りつけて汚れを取ります。ステンレスのやかんやキッチンのシンクなどにもシャーベット状の重曹が適しています。いずれも、時間を置いて(30分以上)から洗い流すことがポイントです。

『重曹』を使ってこまめにお掃除をしていると、年末に強力な洗剤に頼らずに楽に大掃除が済みます。

「こまめに」もけっこう大変ですが、「まとめて」のお掃除も案外大変ですから。

さて、前置きが長くなりましたが、お掃除で残った重曹は、布で包んで冷蔵庫や靴箱、靴の中に置いて消臭剤として利用しましょう。重曹ポプリ

重曹ポプリ-2

作り方はとても簡単!写真は、18~20cm四方の生地で重曹を包み、輪ゴムでしばってリボンを結んだだけです。お好きなエッセンシャルオイルを1滴たらしてポプリ(芳香剤)にするのもオススメです。

「ずっと前に買ったけど、全然使ってなくて重曹が固まってます」という方は、そのかたまりをお風呂の排水口にどっかりと載せておいてください。溶け出した重曹が排水口の中をキレイにしながら流れていきます。

年末のお掃除にはもちろん、普段のお掃除や食器洗いにも使えるCOOPの重曹をぜひご利用ください!

 

夏を満喫!森と水辺の観察会

2015年7月31日 投稿者: ぼたん

IMG_0600-blog1

7月25日(土) 南三陸町を舞台に『森と水辺の観察会』が開催されました。
参加したのは、おとなと子ども合わせて33人で、半分以上が小学生以下のお子さんでした。
午前中は「こ~ぷ野の森 貞任山(さだとうやま)」で森の観察。
講師の後藤一磨さんのお話を聞きながら、たくさんの山の幸を集めた男の子。

IMG_0611blog-2
写真手前の赤い実はエビガライチゴで、甘酸っぱい夏の味がしました。

昼食は、農漁家レストラン・松野や(宮城県本吉郡南三陸町入谷鏡石23) さんで“ひっつみ汁”をいただきました。汁物も炊き込みご飯もお代わり自由で、みんなおなかいっぱい♪IMG_0618blog-3

午後は、袖浜で水辺の観察をしました。
水質もきれいで、ツブガイやヤドカリ、ヒトデを見つけることができました。IMG_0634blog-5

震災前は人工砂浜の『サンオーレそではま』として、安全で美しい海水浴場として人気の高かった場所ですが、現在は、他の海水浴場同様に泳ぐことはできません。
でも、子どもたちは足を入れるだけで充分に海を満喫していました。
震災後に生まれた子どもたちにとっては初めての海だったり、「本当に久しぶりに海を見ました」というお母さんも。。。波とたわむれ、最後には下半身ずぶぬれの子どもたちの楽しそうな様子に、私たちも嬉しくなりました。IMG_0629blog-4

山や川、海にいると自然と心が開放され、五感が働きだします。そんな時間をたくさん作ることがストレス社会に打ち勝つ秘策かもしれません。

さて、秋には「こ~ぷの森 大倉山」での観察会が予定されています。その時になりましたらあちらこちらで参加者を募集いたしますので、ご参加くださいね!

 

7月度の環境活動委員会

2015年7月24日 投稿者: ぼたん

7月14日(火)はほんとに暑い日でしたが、環境活動委員会は元気いっぱい!

日よけ・暑さ対策もばっちりと決めて、予定通りに七北田川で『水辺の観察と水質測定』を実施しました。IMG_0579

測定場所は、みやぎ生協文化会館から徒歩10分の七北田変電所の近くで、下流には仙台バイパスの泉大橋が見えています。
水質は、COD値10ppmと、昨年の5ppmから少し悪くなったようですが、これは連日の猛暑と雨量の少なさからくるものかもしれません。
周囲を観察すると、鳥の声が聞こえ、カワトンボやシオカラトンボが飛び交い、カルガモ親子も見かけました。住宅地の中にもかかわらず自然が豊かなのは宮城県の水辺の特徴とも言えるでしょう。

子どもの遊び場としては危険ですが、散策には向いています。また、災害時に家庭用水を確保しやすい場所として「やや高い」という評価をしました。

 

午後は、手ぬぐいリメイクの上級編として『東袋』作りにチャレンジ☆IMG_0583

浴衣地を使い、手縫いでちゃっちゃっと、30分ほどで仕上がりました。

東袋は、かさばらないのでマイバッグとしてバッグに入れておくのに便利です。お弁当など四角いものを入れるときは、安全ピンを使ってマチを作るといいようです。いざというときは、ハンカチ代わりにも?!

日本人の智恵がつまった東袋、ぜひ作ってみてください。

IMG_0587

 

作り方はネット検索でたくさん出てきますので、そちらを参考にしてくださいね。

 

 

 

コープフードバンクでボランティア体験!

2015年7月10日 投稿者: ぼたん

IMG_0375

6月10日(水)、環境活動委員会は、富谷町ひより台にある『コープフードバンク』で「仕分けボランティア」を体験してきました。

「フードバンク」は、品質には何ら問題がないものの、やむなく廃棄されてしまう商品を、支援を必要とする福祉分野の施設などに寄贈するなどして、商品を有効に活用する仕組みで、商品の搬入、仕分け、提供先へのお届けなどをボランティアさんの協力により行っています。

「テレビや新聞などでよく見かけ、とても気になっていた」

「どのように環境負荷の削減に役立っているのか」

と興味津々でフードバンクに集合しました。

事務局長の中村礼子さんから作業手順の説明を受け、張り切って仕分け開始!
IMG_0370

まずは、食品を種類別、賞味期限別に仕分けしていきます。

大変な作業ですが、みなさん、手際よく、ちゃっちゃと進めます。

石けんやシャンプー、化粧品類の仕分けもして、ボランティア体験が終了しました。

IMG_0377

「みやぎ生協ならではのとてもいい活動だと思います。」

「フードバンクについてよくわかりました。」

「自宅近くにあったらお手伝いしたいけど・・・遠いですね」

といった感想が聞かれました。

2012年の設立以来、現在は山形県、福島県にも活動範囲を広げ、昨年は「法務大臣感謝状」をいただいています。

廃棄物を削減し、CO2排出量削減にも大きく貢献するコープフードバンク。

ボランティアさんが増え、サポーターさんが増え、そして、この活動がもっともっと広まるといいですね!

コープフードバンクのホームページはこちらから →http://www.tohoku.coop/foodbank/

 

 

新緑の里山~こ~ぷの森 向大倉山~

2015年6月24日 投稿者: ぼたん

IMG_0316

6月6日(土)、メンバーのみなさんと「こ~ぷの森 向大倉山」を散策しました。

この日、講師を務めてくださったのは、緑の基金運営委員長の親川麗子さんと、緑の基金運営委員の木村敏男さんで、樹木や花、虫の名前、そして、それにまつわるお話を聞きながら、雨上がりの里山で楽しい時間を過ごしました。

午後は大倉ふるさとセンターで昼食後、森の地図作り♪

白地図に植物を貼り付けていきます。

IMG_0364

↑森の中にたくさん咲いていたエゴノキの白い花もあります。(写真向かって左上)

 

IMG_0367

散策をしながらメモしたことをこのように地図に入れることで森の様子がよみがえりますね。記録にもなって、これから何度も取り出してみることになりそうです。

詳しくは みんなの‘わ’メンバー活動写真館 をご覧ください。

また、メンバー活動写真館には「こ~ぷの森 大倉山」にあるみんなが作った楽しい手作り看板のアルバムももうすぐアップしますので、ぜひ、ご覧ください。(看板の写真は20枚で、まだ全部ではありません。後日、追加してまいります。ご了承ください。)

 

.。o○o。.★.。o○o。.これからの観察会.。o○o。.★.。o○o。.☆

■7月25日(土) 夏休み「森と水辺の観察会in南三陸

参加者募集中です!