2019年1月

静さんの冬の白菜をたっぷり食べよう♪

2019年1月31日(木曜日)

こんにちは~♪ アッキーで~す☆

まだまだ寒いですが、もう少しで立春ですね🍀

今回は、Raku:Me やOH!バンデスでおなじみの食生活アドバイザー 千葉静さんの教室の紹介で~す😊

メニューは、ロール白菜のクリーム煮、白菜とりんごの中華サラダ、白菜とツナのオイスターソースぎょうざとおまけのデザートはコープのチョコバウムクーヘンにチョコのホイップとめぐみ野いちごをのせて🍓

講師の千葉静さんに作り方の説明を・・・

白菜のクリーム煮を・・・

材料は…白菜;葉4枚、めぐみ野ポークひき肉;80g、コープ木綿豆腐;1/2丁、コープ片栗粉;大さじ1/2、塩コショウ;少々、水;500cc、コープ鶏がらスープの素;大さじ1と1/2、

コープミックスベジタブル;適量、コープ牛乳;200cc、水溶き片栗粉;適量、コープスパゲッティ;適量

作り方~①白菜はお湯でゆでておく。 ②ボウルにひき肉、豆腐、片栗粉、塩コショウを入れてよく混ぜる。

③白菜に②の肉を包みスパゲッティで止める。

④ナベに③を並べ、水、鶏がらスープの素を加えて火にかけ、ミックスベジタブルも加えて中まで火が通るまで煮込み、牛乳を加えひと煮立ちしたら水溶き片栗粉でとろみをつける。

*あっさりとしてとてもおいしいとの声が出ていました~➰

*ロール白菜は大きなままで盛り付けても良いけど3等分に切ったほうが食べやすいですよ!と講師の千葉静さん

ぎょうざを作っています。みじん切りにした白菜は塩少々を混ぜて10分位おき、水をしぼっておく。

ニラは5mmに切りボウルに入れ、油を切ったツナ缶と白菜、おろししょうが、オイスターソース、しょう油、ごま油を加えて混ぜて具を作り、餃子の皮で包む。

フライパンにサラダ油を熱して焼き途中で水を加えフタをして焼く。

今回はもち粉入りの皮を使いました!もちもちしておいしかったです😊

参加した方は「白菜をたくさん使った料理で白菜の利用法が知れて良かった」「どの料理もとてもおいしかったです」「レパートリーが増えました。さっそく作ってみたいです」

「鍋ばかりではなく他の料理も作ってみます」「ツナ缶のぎょうざを初めて食べましたがおいしかったです」と今回も大好評の教室でした🎶

 

東浜かあちゃん’sかき料理~♪

2019年1月23日(水曜日)

こんにちは~♪ アッキーで~す☆

全国的にインフルエンザが流行しているようですが、体調を崩していませんか@@

今回は宮城県漁協 石巻市東部支所女性部の皆さんに「かき料理」を教えていただきました~🙂

メニューは、ムール貝の炊き込みご飯、カキのチーズ焼き、かき汁、白菜とツナの煮びたしです🍴

ムール貝の下処理でヒゲを取っています。

ムール貝の炊き込みご飯は・・・①ムール貝を水から茹でます。 ②米を洗う。 ③ねぎ、好みのきのこを細かく切る。

④炊飯器に米、ゆで汁、めんつゆをメモリまで入れて③の具をのせて炊く。

白菜とツナの煮びたしは、白菜の芯と小房に分けたシメジを蒸し焼きにして、芯が柔らかくなったらツナと白菜の葉の部分を入れて軽く炒めます。白だしと黒こしょうをふってできあがり~😊 とっても簡単でおいしかったです♪

カキのチーズ焼きです

作り方は・・・①カキをゆでて水気を切る。 ②玉ねぎをみじん切りにして透き通るまで炒め皿に移しておく。

③グラタン皿の底にマヨネーズを塗り、①のカキを並べて黒こしょうをふる。

④ケチャップ1/2カップ、②の玉ねぎ、カレーパウダー小さじ1/2を混ぜる。 ⑤④をカキの上に敷く。

⑥とろけるチーズをのせて230℃で焼く。*ホワイトソースなしでできるのが良いですね!とってもおいしくできました~❣️

石巻の牡蠣は『ASC(水産養殖管理協議会)認証」を取得!

海の自然や資源を守って育てらた、責任ある養殖によって生産された水産資源であると認証する国際的な制度だそうです。

石巻の牡蠣は環境に優しいのでいっぱい食べてね!と漁協のみなさん♪

参加した方は「食べ応えのある大きなカキにびっくり!」「浜のかあちゃん達は元気が良いし、料理のレパートリーが多いですね」

「講習のお母さんたちが親切に教えてくれたので、楽しく料理ができました」「白菜の煮びたしに関心があり参加しました。納得の味で満足でした」との感想が出ていましたよ🎶

新春薬膳!

2019年1月16日(水曜日)

こんにちは~♪ アッキーで~す☆

1月も半ばになってしまいましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします😃

新年最初の教室は『薬膳』でした❣️

講師の国際中医薬膳師の日野先生から…

西洋医学は、病気になったときに症状に応じて即効性のある薬での治療を行うのに対して中医学(薬膳)は、薬に頼らず、食べることで病気にならないように予防することなど教えていただきました~🎶

今回は赤かぶを使います!赤かぶは、アントシアニン色素が多く含まれ、活性酸素の抑制効果ができます。
消化酵素が豊富で、消化吸収が良く胃に優しい野菜ですよ~と先生😄

赤かぶなどの野菜を切って、スープを作りま~す♪

完成! 今回は天然酵母で酒かすパンとみそパン、さば缶デップ、赤かぶとリーキのスープでした🍴

参加した方は「いつも楽しく参加しています」「楽しく・おいしく!簡単なので作ってみます」「毎回勉強になります!赤かぶが万能食材とはびっくりです」「スープがおいしかった」などの声が出ていました🎵