1月14日、宮城県の伝統行事、「どんと祭」の裸まいりが行われました。

みやぎ生協からは、2018年春入協予定の内定者4人を含む19人が参加。

おそろいの白装束に身を包み、寒さをこらえて出陣しました。

 

 

道中、コステリア、木町店、八幡町店で働く皆さんが沿道で声援を送り、

その時だけは参加者の気持ちが少し紛れたようでした。

 

 

そして、昼の2時過ぎに仙台商工会議所を出発した一行は、

夕方4時ころ、大崎八幡宮に到着。

 

神社の中で1時間ほど待った後、ようやくお参りができました。

今年も一年、体調に気を付けてお過ごしください。