どうしても食べたい、めぐみ野「春せり」

2018年4月27日 投稿者: なつあかね

こんにちは。なつあかねです。

いよいよ大型連休も近づいてきました。

暖かくなり、植物が芽吹いてくるとどうしても食べたくなってくるのが、山菜や香りの良い野菜。

見つけると買わないではいられません。

生協のお店に行くと、売り場の目立つところに「めぐみ野」春せりが陣取っています。

柏木店で。 入ってすぐのところに「めぐみ野」春せりが

さっそく購入し、ゆでて鰹節をかけてお浸しにしていただきました。

う~ん、おいし~い!1人で1把食べちゃいそう。

本当は1人で一把食べちゃうけれど、写真では少量でパチリ

春になると、どうしても食べたい「めぐみ野」春せりです。

期間限定の販売ですので、皆さんも見つけたらぜひ食べてくださいね。

「めぐみ野」春せり  今が旬、期間限定の春せりです。

 


「めぐみ野米 バケツ稲栽培コンテスト」参加者募集

2018年4月3日 投稿者: なつあかね

お久しぶりで~す。なつあかねです。

昨年、初めてバケツ稲栽培コンテストに参加しましたが、何が何だかわからないうちに終了してしまいました。

稲の生育も今一つで、残念な結果に・・・。

2017年のなつあかねの残念なバケツ稲

 

そこで、今年はリベンジです。

現在「めぐみ野米 バケツ稲栽培コンテスト」参加者募集中です!

申し込みはこちらをご覧ください。  http://www.miyagi.coop/member/event/detail/1054/

コンテストでは、初めて参加の方と複数回参加している方ときちんと分けて表彰しますから初心者でも大丈夫。

皆さんぜひ参加してくださいね!!

 


わが家のバケツ稲コンテスト、ウィズの掲示

2017年12月22日 投稿者: なつあかね

こんにちは。冬ですが、なつあかねです。

めぐみ野交流集会での、わが家のバケツ稲コンテストの展示についてお知らせしましたが、現在仙台市泉区八乙女のみやぎ生協文化会館ウィズで展示しています。

「わが家のバケツ稲ものがたり」栽培日誌  みやぎ産直米生産者協議会賞に輝いた菅野拓海くん・菅野千鶴子さんの栽培日誌もご覧になれます。

ウィズにおいでの際は、お二人の力作をぜひ見てくださいね。

わが家のバケツ稲ものがたり栽培日誌

 


第36回めぐみ野交流集会のバケツ稲の展示

2017年12月22日 投稿者: なつあかね

11月29日(水)、仙台市国際センターで第36回めぐみの交流集会が開催されました。

この集会はめぐみ野の活動と意義と成果について確認する場として、生産者・メンバー・各団体関係者が一同に会して毎年開
催されています。今年もメンバー、生産者、お取引、職員を含めて1231人が参加しました。

この集会ではたくさんの展示がありますが、バケツ稲コンテストの展示も行いました。

めぐみ野交流集会でのわが家のバケツ稲コンテストの展示

たくさんの人に2017年度バケツ稲コンテストのお知らせをしました。

 

 

 

 

 

 

 


せりがちょっと育ってきました

2017年11月15日 投稿者: なつあかね

こんにちは、なつあかねです。

バケツ稲を刈り取った後のバケツに、せりを植えてから10日。

ようやくせりが育ってきました。

今朝は、朝日を浴びていました。

寒いせいかグングン伸びていますというわけにはいきませんが、「頑張っているな~!!」


せりを植えました

2017年11月7日 投稿者: なつあかね

こんにちは、なつあかねです。
バケツ稲コンテストから1か月。あのバケツは肥料も入っているしとっても良い土なので、セリを植えるといいんだよと教わっていました。
なつあかねは、ようやく11月3日にセリの根っこを植えました。

刈り取ったバケツ稲とセリの根っこ

 

バケツの中の土をシャベルで掘り返し、稲の根っこ取り出します。よ~く、細かい根も取りましょうね。

そこにせりの根っこを植え付けます。忘れずに水を張ってくださいね。
(もちろん、せりの葉の方は調理して美味しくいただきました。今は仙台せり鍋が有名になりましたが、生まれも育ちも宮城県のなつあかねはそんなに根っこは食べられません)

さぁ、これで出来上がりです。寒くなったけど大丈夫かな?
葉が伸びてくるのを待ちましょう。


八木山店のコンテスト

2017年10月13日 投稿者: なつあかね

10月9日(月)午後1時30分から八木山店のバケツ稲コンテストが始まりました。

八木山店では24人の方がコンテストに参加しましたので、24のバケツ稲が勢ぞろいしました。

今年バケツ稲コンテスト初参加の人のバケツ稲

最初、めぐみ野米生産者の鎌田さんの挨拶の後、いよいよ鎌田さん、JAみやぎ仙南の小島さん、菅原店長が厳正な審査を行い、表彰式が始まりました。

まずはめぐみ野米生産者鎌田さんの挨拶

最優秀賞は、今年初めて参加の星さんご一家。

「何もしていないのに、日当たりが良かったからかな」と話していました。

最優秀賞の星さんご一家、鎌田さんと一緒に。副賞はめぐみ野米です。

つぎに優秀賞

金子ゆうき君は「初めてで、家では庭に置いていました」

早川しゅん君は「庭に放置していたので入賞のチャンスはないなと思っていました」と話してましたが二人とも嬉しそうでした。

おしくも入賞を逃した人は、参加賞をいただき、参加者全員で写真撮影をしてコンテストは終わりました。

「すずめにたべられて大変だった」などと皆でにぎやかに感想を話し合いました。

参加者全員で写真撮影

10月15日(日曜日)は、JAみどりのが担当しているお店のバケツ稲コンテストです。

皆さんもぜひ参加してくださいね。

次回は稲刈りをしたバケツの利用法をお知らせします。


バケツ稲コンテストの日

2017年10月13日 投稿者: なつあかね

こんにちは、なつあかねです。
10月9日(月)、今日はいよいよJAみやぎ仙南が担当するお店のバケツ稲コンテストです。

 

10月9日(月)のなつあかねのバケツ稲

支柱と網を取ったらこんな感じ

なつあかねも、支柱と網をはずし、八木山店に行く準備をしました。

あいかわらず、バサバサしていますが、車に積んでいざ八木山店へGO。

 

 

 


セラビ幸町店、店長のバケツ稲

2017年9月28日 投稿者: なつあかね

こんにちは、なつあかねです。

6月に一度紹介した、セラビ幸町店の店長のバケツ稲。
9月16日にお店に行ったら、同じ場所で大きく育っていました。

穂も出て、重さで垂れてきていました。

セラビ幸町店 店長のバケツ稲

 

でも、同じ場所でお隣に置いてあるのに、店長と衣料チーフのバケツ稲の、この差はなぜでしょうか?

不思議です!!


富沢店、たけださんのバケツ稲

2017年9月22日 投稿者: なつあかね

9月21日・22日の2日間、なつあかねは富沢店に行ってきました。
内海店長に「富沢店にバケツ稲はありますか?」と聞くと、店の裏にたけださんのバケツ稲があると教えてくれました。
店の裏に行き探したら・・・・ありました、ありました。
とてもりっぱな、たわわに実るバケツ稲。

たけださんのバケツ稲

たけださんに聞いたら、日あたりが良い場所をさがしたら、お店の裏の荷物の搬入口だったということでした。
はじめは気を付けて水をたしましたが、今は生産者にもう水は入れなくて良いと教えてもらったので、水を張るのはやめたそうです。

あとは10月9日(月)のJAみやぎ仙南が担当するバケツ稲コンテストを待つばかりです。
なつあかねが見た中で一番りっぱなバケツ稲でした。

JAみどりのが担当するコンテストは10月15日(日)です。