めぐみ野米わが家のバケツ稲ものがたり 栽培日誌 表彰作品決定!

2018年11月8日 投稿者: なつあかね

こんにちはなつあかねです。

10月30日(火)、みやぎ産直米生産者協議会が開催されました。
10月14日のバケツ稲コンテストの時に参加者の皆さんから預かった、「わが家のバケツ稲ものがたり 栽培日誌」の表彰作品の審査が行われました。

こんなにたくさんの栽培日誌です

角田の生産者 咲間久男さん 表彰作品検討中

色鉛筆でスケッチしたもの、フィルムを張り合わせて稲をあらわしたものなど、いずれも力作ぞろいの栽培日誌でした。

そして、めぐみの米生産者へのメッセージには、みなさんが「生産者さんの苦労がよくわかりました。大切においしくめぐみ野米をいただきます!」とコメントしてくれました。

12月12日(水)、仙台国際センターで開催される「第37回宮城県めぐみ野交流集会」の展示ホールで展示されます。ぜひ、ご覧ください。


愛子店からバケツ稲コンテストの報告が届きました

2018年10月27日 投稿者: なつあかね

こんにちは、なつあかねです。

みんなでパチリ

愛子店からバケツ稲コンテストの報告が届きました。
愛子店のバケツ稲コンテストは10月14日の10時30分からの開始で、愛子店の入り口スペースに、19名が集まりました。

みんなのバケツ稲を並べて

5か月の間、1つの苗の成長をまじかで観察できて、小学生の自由研究にも生きた学習になったようです。コンテストの日には、参加者が生産者の方に直接質問したりし、交流の場になりました。

参加したメンバーからは、
「同じ苗なのに、持ち寄った稲がこんなにも違うなんて、育て方や環境で差がずいぶんあることに驚きました」
「台風の時は、生産者の方の気持ちがわかりました」
の声が寄せられました。


稲の穂をハサミで切って収穫、なつあかねのバケツ稲

2018年10月27日 投稿者: なつあかね

こんにちは、なつあかねです。

10月14日、コンテストが終わってすぐに穂をハサミで刈り取り、封筒に入れてJAみやぎ仙南の加藤さんに託しました。私が育て収穫したお米、これが約1か月後に、精米され玄米になって郵送されてきます。

収穫の終わったバケツ稲です。今度はわらを何に使いましょうか?

メンバーさんの中には、お正月飾りを作る人もいるそうです。私は何を作ろうかな。

 


10月14日、八木山店のバケツ稲コンテスト

2018年10月19日 投稿者: なつあかね

10月14日(日曜日)、八木山店のバケツ稲コンテストは11時30分の開始です。
11時過ぎからたくさんの参加者がバケツ稲を持って集まってきました。
もちろん、なつあかねもバケツ稲をもって参加です。

集まったバケツ稲

八木山店には生産者の遠藤清さんと、JAみやぎ仙南の加藤さんが来てくれました。

菅原店長・加藤さん・遠藤さん

遠藤さん審査中

いよいよコンテストが始まり、
遠藤さんから「7月の管理だったろうと思います。」と挨拶のあとに、審査のポイントは「株の大きさ」、「実の充実度」、「実が入っているか」、「青いのがないか」ですと説明がありいよいよ審査が始まりました。
優秀賞には5名の方のバケツ稲が選ばれました。

優秀賞の皆さん

店長賞は、「専門家ではないので好みで選びます」との言葉の通り、稲の背が一番高いからなどの店長の好みで同じく5名が選ばれました。

最後に皆で記念写を写し、「めぐみ野」卵と納豆の参加賞をいただきました。

終了後みんなで記念写真

希望の方には、稲穂を刈り取ったものを封筒に入れて渡すと、後でそれを精米して玄米にしたものを送ってもらえます。なつあかねも穂を刈り取ってお願いしてきました。


明日はコンテストです

2018年10月13日 投稿者: なつあかね

こんにちは、なつあかねです。
10月14日、いよいよ明日はバケツ稲コンテストです。
5月27日のバケツ稲の配布から5か月、みなさんお疲れ様でした。

今年2回目のなつあかねは、昨年と全く違うお天気にハラハラドキドキの5か月でした。

10月に入り、まだバケツに水があると心配したなつあかねのバケツ稲も、11日にはようやくバケツから水がなくなりました。

今朝6時過ぎのなつあかねのバケツ稲です

水もようやくなくなりました

 

明日は、お店によりコンテスト開催の時間が違いますので、間違えないでいらしてくださいね。

では、明日のコンテストで!!


ついに網をかけました

2018年9月25日 投稿者: なつあかね

こんにちは。

いつ網をかけたらいいかとても悩んでいたなつあかねです。

そこで、お向かいの席の赤とんぼさんに写真を見せて、いつ網をかけたらいいか聞きました。
そうしたら「まだかけてなかったの」との返事。

また、市名坂のミニ田んぼは、網をかけたけど網の目が大きくて、雀に食べられたと教えてもらいました。

24日のなつあかねのバケツ稲です。夕方についに網を掛けました。

これですずめ対策も万全です。

あとは10月に入ったら水をたさないでバケツから自然に水がなくなるのを待つばかりです。


岩切店のバケツ稲

2018年9月20日 投稿者: なつあかね

こんにちは、なつあかねです。
9月20日、仕事で岩切店に行ってきました。岩切店の自転車置き場の前にはバケツ稲が2つ置いてあります。本当に久しぶりに、見てきました。

 

まだ、稲穂の色は緑で色づいてはいませんでした。
バケツ稲コンテストの日まで、あと24日。

がんばれ~!


悩める なつあかね

2018年9月19日 投稿者: なつあかね

こんにちは、なつあかねです。
なつあかねのバケツ稲は今こんな状態です。稲穂もだんだん重くなってきました。

今朝も目が覚めると、にぎやかなすずめのさえずりが聞こえます。
「ああ~。いったいいつになったら網をかければよいのでしょう。」栽培マニュアルを見てもいつとは書いてありません。

悩めるなつあかねです。

 

 

 


市名坂店のミニ田んぼ

2018年9月14日 投稿者: なつあかね

こんにちは、なつあかねです。

みなさんは、生協のお店でミニ田んぼを見たことがありますか。

実は、5月27日に21の店舗でバケツ稲を配りましたが、そのときに市名坂店では、ミニ田んぼを設置しています。

9月7日の市名坂店のミニ田んぼです。

稲穂もたくさんついて、垂れています。

豊作かな?


8月27日朝、穂が垂れた~。

2018年8月28日 投稿者: なつあかね

こんにちは、なつあかねです。

8月27日月曜日、朝起きてすぐに玄関に行きました。

バケツ稲のようすはどうかな?

穂が少したれました

穂がちょっとだけ垂れていました。

栽培日誌によると、「稲の花が咲いているのは、朝の9時頃から、ほんの数時間だけです。」とのこと。

この時間帯は、なつあかねは家にいないけど、花が咲いたということかしら。

去年のあっちこっち色んな方向を向いていたバケツ稲と比べると、今年は安心して見ていられます。

今度は、すずめ対策の網をいつ張るかが問題です。