7月16日のなつあかねのバケツ稲

2018年7月17日 投稿者: なつあかね

こんにちは、なつあかねです。
どこに置こうか悩んで、置き場所が決まらなかったなつあかねのバケツ稲です。日当たりが良い場所は、周りは雑草だらけ、他はいまいち日当たりが悪いと悩んでいたら結局は去年と同じ場所になってしまいました。

今年は、店長たちのバケツ稲を見る機会もあまりなく、比較のしようもありません。

ということで、昨日7月16日のなつあかねのバケツ稲です。

これって、うまく育っているのでしょうか?


名取西店、佐藤店長のバケツ稲

2018年7月7日 投稿者: なつあかね

こんにちは、なつあかねです。
7月3日と4日、名取西店に行ってきました。
2階の駐車場の職員用の入り口で、佐藤店長のバケツ稲を見つけました。

昨年、すごい立派と驚いたバケツ稲ですが、今年はいかに?

ところどころ葉先が白くなっています

分げつは進んでいましたが、葉先が白いところがあるのはなぜでしょう。

なつあかねには理由はわからないのですが、皆さんのバケツ稲は元気ですか?


ほやの料理

2018年6月27日 投稿者: なつあかね

こんにちは、なつあかねです。

太子堂店に行ってて、ちょうど「めぐみ野」宮城県産朝どりほやが店頭に並ぶ時間に遭遇しました。なつあかねがいつもお店でほやを買う時間は仕事帰りの夕方になるので、今日はその鮮度と迫力にびっくりです。

たくさんの、ほや、ほや、ほや~。

「めぐみ野」宮城県産 今朝どりほや(太子堂店で)

宮城県生まれ宮城県育ちのなつあかねは、もちろんほやは自分で剥けますし、大好きです。そのためか、いつも酢としょうゆをかけていただいていました。

6月14日に食のかたりべの産地研修に同行したとき、生産者の皆さんに「ほやのキムチ漬け」を紹介していただいたのでさっそく作ってみました。

昨夜作ったキムチ漬け

ほやは剥いて食べやすい大きさに切る。

タッパにほやを入れ、市販のキムチのもとをかけて混ぜ合わせます。冷蔵庫でしばらく保存できますし、味の好みは、自分の好みのキムチのもとを使用すれば間違いなし。皆さんぜひ作ってみてください。美味しいですよ!!


太子堂店、大友店長のバケツ稲

2018年6月26日 投稿者: なつあかね

こんにちは。なつあかねは昨日から太子堂店に出かけています。太子堂店の、花屋さんの前の場所に、今年も店長のバケツ稲を見つけました。しかも今年は2つです。

2つ並んだ大友店長のバケツ稲

隣り合っているバケツ稲ですが、大きさがあまりにも違います。不思議に思って大友店長に聞きました。すると、「一つは5月27日の、バケツ稲の配布の日にすぐ植えて表に出し、もう一つはしばらくメンバー集会室の日の当たらない場所にあったもの」と説明してくれました。

今は並んでいるバケツ稲ですが、置き場所によってずいぶん違うんだなと実感しました。

なつあかねの置き場所の定まらないバケツ稲ですが、今年も日当たりの良くない玄関が定位置になってしまいそうです。


苦難のバケツ稲

2018年6月22日 投稿者: なつあかね

こんにちは、なつあかねです。
4日ほど前に、バケツ稲の水の中に、黒い小さな虫がうごめいているのを発見。

ええ~!またボウフラ~(蚊の幼虫)?

水の中に黒い虫が、みえないかな~。

ピンポ~ン、今年も発生しました。いったいどこから来るのでしょうか。近くに水があるところもないし、外の水道のところにも何も置かないようにしていたのに。
がっかりです。

忙しくて3日間が過ぎ、6月22日の今日水の入れ替えをしました。1回目水を捨てて、新しい水を入れたけどまだバケツの中には黒い虫が。2回、3回でようやくいなくなりました。

ボウフラがいる水を変えました

それにしても苦難のなつあかねのバケツ稲でした。


めぐみ野レタスの炒め物

2018年6月15日 投稿者: なつあかね

こんにちは、なつあかねです。
レタスの旬を迎え、お店の旬菜市場にめぐみ野レタスがたくさん並んでいます。

今の季節、なつあかねは、レタスの炒め物を作ってたくさん食べています。もったいないので、どしっとしたレタスの外側の緑の葉を食べる料理です。でもとっても簡単で美味しいので、なつあかねは内側の葉でも作ります。

材料は

レタスの葉 4~5枚

アンチョビ 2枚 小さくたたく(なつあかねは共同購入で買った国産の「あんちょび」を使用。とってもおいしいです。)

オリーブ油 大匙2

塩・胡椒 適宜

作り方

①レタスの葉はおおざっぱに3つくらいにちぎる。

②中華鍋に、オリーブ油、小さくたたいたアンチョビを一緒に入れる(弱い火で)。

③レタスの葉を入れて、箸と中華返しで上下上下と返して混ぜる。塩・こしょうで味をととのえる。

アンチョビの塩分があるので、塩・こしょうをしなくても十分なくらいです。

レタスの炒め物アンチョビのみ

炒める時にんにくのみじん切りを加えても
美味しい

これだとレタスがいくらでも食べられます。皆さんもためしてみてね。


セラビ幸町店遠藤さんのバケツ稲

2018年6月13日 投稿者: なつあかね

こんにちは。

なつあかねは6月12日、セラビ幸町店に行きました。2階のメンバー集会室に行こうと通路を歩いていると、「あっ」見つけた!!

去年と同じところに、バケツ稲が1つありました。そばには、水やり用の専用のじょうろも置いてあります。

名前が貼ってあったので見たら遠藤と書いてありました。衣料チーフの遠藤さんのバケツ稲です。

風に吹かれてもけなげに頑張っていました。

遠藤さんのバケツ稲

「店長のバケツ稲はどこに?」とサービスカウンターで聞いたら、「今年は違う場所に置いてあるみたい」との返事、いったいどこにあるのでしょう。

なつあかねのバケツ稲は今こんな感じ。

なつあかねのバケツ稲。ちょっと貧弱かな。

 

う~負けている。

 


皆さんのバケツ稲は元気?

2018年6月13日 投稿者: なつあかね

こんにちは、なつあかねです。
バケツ稲を植えて10日が過ぎた6月7日、なつあかねのバケツ稲は水面上に、ま~あるく、うっすらと緑色のアオミドロが出てきました。
これって、毎日水を足していないから?

右の上のほうにうっすらとアオミドロが、わかりますか?

 

このままにしておくとバケツいっぱいに増えるので、バケツの水を入れ替えました。

1回ではちょっと不安なので、ねんを入れて2回。
水もきれいになっって、これで一安心です。

なつあかねのバケツ稲は、まだ置き場所が決まっていません。いろんなところを移動中です。


「めぐみ野バケツ稲栽培コンテスト」バケツと稲の配布の日

2018年5月28日 投稿者: なつあかね

こんにちは、なつあかねです。
5月27日(日)は、バケツ稲栽培コンテストのバケツと稲の配布の日です。なつあかねは、昨年と同じ八木山店で参加しました。

11時45分から、1階正面入り口のところで説明が始まりました。今日配布の稲の苗は品種は「ささにしき」です。今年は初めて参加の子どもたちがたくさんいました。

JAみやぎ仙南の加藤さんからは「めぐみ野バケツ稲つくり栽培マニュアル」と「わが家のバケツ稲ものがたり栽培日誌」についてていねいな説明がありました。角田の生産者の遠藤清さんは、実際にやり方を見せてくれました。

生産者の遠藤清さんとJAみやぎ仙南の加藤さん

 

加藤さんが説明し、遠藤さんが実際にやり方を見せてくれました

説明と配布が終わってみんなでパチリ、集合写真を写しました。でも恥ずかしがりやさんが多く、写真に写ったのが小人数になったのは残念でした。

 

なつあかねは午後出かける用事があったのですが、枯れたら大変なので一度帰宅してすぐ植えました。

でも、昨年の失敗は繰り返したくないので、どこに置くかが大問題です。いったいどこに置いたらいいの~!!


どうしても食べたい、めぐみ野「春せり」

2018年4月27日 投稿者: なつあかね

こんにちは。なつあかねです。

いよいよ大型連休も近づいてきました。

暖かくなり、植物が芽吹いてくるとどうしても食べたくなってくるのが、山菜や香りの良い野菜。

見つけると買わないではいられません。

生協のお店に行くと、売り場の目立つところに「めぐみ野」春せりが陣取っています。

柏木店で。 入ってすぐのところに「めぐみ野」春せりが

さっそく購入し、ゆでて鰹節をかけてお浸しにしていただきました。

う~ん、おいし~い!1人で1把食べちゃいそう。

本当は1人で一把食べちゃうけれど、写真では少量でパチリ

春になると、どうしても食べたい「めぐみ野」春せりです。

期間限定の販売ですので、皆さんも見つけたらぜひ食べてくださいね。

「めぐみ野」春せり  今が旬、期間限定の春せりです。